37歳の雑記帳

35歳にして改めてギターの練習を始めました!目標はセッションバーでセッションできるようになること!

【ギター練習雑記】今更ながらハイスタ熱が上がっている話

 

どうも!

35歳へっぽこギタリストのヒロです!

前回の【マンガ書評】予告を裏切って、笑

今回はギターに関するお話を・・・

 

最近「Hi-STANDARD」が気になる理由

筆者の高校時代は

「AIRJAM」

全盛期の頃で、バンドやるとなったら

ハイスタ、BRAHMANのコピーから!

みたいな時代でした。

 

あぁ、懐かしいなあ、

ハイスタの「NEW LIFE」のイントロが弾けるだけで

もてはやされたあの頃(笑)

 

そんなこともあって、

去年発売した

「The Gift」

購入して一通り聞きましたが、

しょっぱなの感想は

「あれ、ハイスタってこんな感じだったっけ?」でした。

ぶっちゃけ、タイトル曲の「The Gift」しか記憶に残ってません。。。

(熱烈なファンの方、気分悪くさせたらすみません。。。)

そんな感じで、最近の復活劇を含め、

ハイスタの情報は何となくチェックしてる感じでした。

 

そんな中いつものように通勤中に

Youtubeを流していると、自動再生で

Ken Yokoyama’s Guitar Collection」


Ken Yokoyama’s Guitar Collection|ギター・マガジン2017年12月号(表紙:横山健/Hi-STANDARD)

が流れてきまして、

横山さんが最近グレッチを弾いている事も

気になっていて、ついつい見入ってしまいました。

中には、往年の名器

Honey

なども登場して、高校時代に

ピックアップセレクターをガムテープでガチガチにしていた

友人のことなどを思い出して懐かしい気持ちに・・・

こっから先はもうライブ動画見ては当時を思い出しての繰り返し(笑)

帰宅後にはiPhoneの中に入ってる

ハイスタのアルバムを端から聞いてはコピーする始末(笑)

  

「Stop the time」や

「The Sound of secret minds」

「Standing still」

をひたすらコピー!!

最近ジャズっぽい曲ばかり弾いていた筆者にとっては

パワーコードでガシンガシンに歪ませて

ギターを鳴らすのが猛烈に心地よく、

そして、やたら難しい運指のコードばかり弾いていたことも

あいまってシンプルなコードの曲のコピーがはかどること(笑)

少しだけ耳が良くなったことと、

色んなコードを覚えたことを実感することができました!

(それでもソロの所がつっかかる辺りでへっぽこさを痛感させられます(笑))

 

曲が弾けるようになると、

ますますハイスタの動画を堀漁って

当時を懐かしむ沼にはまっております・・・。


SPACE SHOWER TV Hi-STANDARD Special「Live on our way」 

 

色んな動画を見たり、

休止中のハイスタメンバーの

それぞれの活動を辿っていくと、

メンバーそれぞれがハイスタに対しては

強い思いを抱いていて、

色んな諍いやすれ違いを経て、

再度結成するに至った経緯が分かり

最初聴いた時はあんまりだった

「The Gift」も

違う聴き方をするようになりました。

 

思うのは、

自分の一番多感な時期に

そばにあった音楽って

いくつになっても色褪せることはなくて、

むしろ、日々の生活に追われる中で

より輝きを増していくという、

どっかで聞いたことのある歌詞のような

気持ちの移り変わりを実感できたことと、

その気持ちを未だに与えてくれる

ミュージシャンが存在してくれることの

ありがたさと畏敬の念です。

 

・・・・すごいですよね。

すげー喧嘩してたけど、

40代半ばで仲直りしてまたバンドやるって奇跡ですよ。

35の自分だったら、一回喧嘩したらもう一生口利かないと思いますもん。

顔すら合わせないことだって簡単にできちゃいますもんね。

そんなことを感じていると、

「The Gift」も違う聴こえ方するわ(笑)

 
  
 
 
  

 

ネットとかの情報がどこまで本当か疑わしいことを加味しても、

個人的にはツネさんの二人の間を取り持つ姿勢に

自分を重ねてしまう筆者でした。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

次回こそマンガ書評かも(笑)