37歳の雑記帳

35歳にして改めてギターの練習を始めました!目標はセッションバーでセッションできるようになること!

【マンガ書評】ヴィンランド・サガ

どうも!

最近マンガ書評しか書いていない

へっぽこギタリストのヒロです!

 

前回は「ヒストリエ」を紹介しましたが、

今回ご紹介するのはこちら!

 

ヴィンランド・サガ

 

中世ヨーロッパのヴァイキングの物語です。

幸村誠先生の作品で

月間アフタヌーンで現在も連載されています。

ヴァイキングと聞くと、

多分↓こんなのを想像される方が多いと思います(笑)

f:id:hrim9682:20180409110758j:plain

ヴァイキング byイラストAC

このヴィンランド・サガでは、

カッコイイデザインのキャラクターたちが

登場します!

↓主人公の「トルフィン」

このトルフィンの成長を追いながら

物語は進んでいきます。

運命に翻弄されながら生きるトルフィンの

サガ(物語)を読み進めていく中で登場する

様々な登場人物にも心惹かれます。

トルフィンの仇でありながら、

その成長を見守っていたアシェラッドや

悩める王子クヌート、

戦に明け暮れながら

戦士としての在り方に矜持をもつトルケル

など、魅力的なキャラクターが多いことも

この作品を盛り上げる要因となっています。

 

ここで出てくる

「ヴィンランド」とは

かつて存在した北アメリカの地名で、

現在ではカナダのニューファンドランド島

その島であるという説が有力です。

 

登場するキャラクターも

実在した人物も多く、

主人公のトルフィンや、鬼将トルケル、

トルフィンがヴィンランドを目指す

きっかけを作ったレイフ などは

実在した人物のようです。

 

フィクションの中に史実が織り込まれる展開、

筆者の大好物です(笑)

 

幼少期を父の仇をとることだけを考えて生きたトルフィンの人生。

その終着点がどうなるのか。

まだお読みでない方は是非!!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

次回は・・・・音楽のことを・・・・

きっと・・・・(笑)

【1日10分の投資法】